やっぱりタバコを吸いたくなってしまうもの!?

#374
値上げになっても喫煙者はやっぱりタバコを吸いたくなってしまうもの!?

2010年の10月にタバコが一箱400円台の大幅な値上げになってから、はや7年。
何でも今年の9月にも一箱10円前後ですが値上がりしたそうですね。
喫煙しない人にとっては、あまり関係ない話しですが、そうでない人には値上げは痛い出費のはず。

いうまでもなく、タバコには常習性がある訳ですが、例え値上げになっても、またひどいニコチン中毒でなくても、やっぱりまたタバコを吸いたくなってしまうのはそもそもなぜなのでしょう?

よく、「タバコを吸うと頭がスッキリする!」といいますが、人間が記憶を行う際には、脳内にある神経物質である『アセチルコリン』というモノが大量に分泌されて、それが脳内の受け皿(受容体ともいう)に反応して刺激されて記憶という行為をします。

実は、タバコに含まれるニコチンは、このアセチルコリンと分子構造がよく似ているために脳が勘違いをしてしまいます。さらにニコチンは、このアセチルコリンよりもはるかに強烈な刺激を脳に与え続けることができるので、『ドーパミン(覚醒作用や満腹時の快感などを与える働きを持つ)』という物質の働きをより活性化させるのです。

しかし、タバコを止めるとニコチンの助けを失ったアセチルコリンは、以前よりも正常に脳の受け皿(受容体)との結合が困難になってしまうので、その結果として、イライラ感や集中力の低下、その他ご存知の禁断症状が出てくるのです。そして、それらの刺激を取り戻そうとする気持ちが強くなり、それ程重度の中毒でない人でも、ついついまたタバコに手がのびてしまう・・・という訳なのです。

最近では病院での禁煙治療も進歩しているので本気で止めたい人は専門家に任せるのもいいかもしれませんね。(東洋医学でも補助的ですが、禁煙の耳ツボ療法があります)

中野坂上治療院
古賀 直樹
▼中野坂上治療院のウェブサイト
http://www.nakanosakaueseitai.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
布団のことならミヤサカにおまかせ。
ふとん・まくらなどの寝具から、雑貨・インテリア、また美容に関する商品や、大切な方に送るギフト品まで、皆さまの快適な生活をサポートする選りすぐりの商品をお届けします!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「リフレッシュコーナー」は、皆様の美容と健康を支える「質の高い睡眠」を実現するための優れた商品やアドバイスをご提供させていただいている「スリープインテリア館ミヤサカ、ピローアドバイザー」をサポートしています。
スリープインテリア館ミヤサカ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook

PAGE TOP