カーテン施工例:それぞれの雰囲気その2

こんにちは、ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは前回に引き続き「それぞれの雰囲気その2」についてご紹介いたします。前回の記事が3月9日と、だいぶ遅れての続編になります(^^;)アセアセ…
たしか、前の記事で「寝室」と「子供部屋」の紹介をする約束でしたので、早速ですが本題に入ります。
まずは「寝室」から。
写真1をご覧ください。

寝室は、植物と鳥の柄がはいった落ち着いたブラウンの生地に。
床やクローゼットの扉の色とも馴染んでいてバランスの取れた空間に。
そしてなんといっても・・・・
写真2をご覧ください。

このシェードが絵画を飾っているような、いいアクセントになるんですよ!壁紙の変化のジャマをしないように、それでも存在感はしっかりと。柄の生地+シェードならではの特徴ですね^^
ではお次に「子供部屋」。
写真3をご覧ください。

こちらは男の子のお部屋。薄いグリーン色の壁紙に合わせた生地をお選びいただきました。撮影者(私)がヘタなので全体的にちょっと見えにくいですね・・・汗
癒しの効果があるグリーンに、やわらかいタッチの花柄によって、よりやさしい雰囲気に。これなら活発な男の子でもお部屋に入った途端に静かになっちゃうかも・・・・?
こんどは女の子のお部屋。
写真4をご覧ください。

実は、この生地の中にとあるキャラクターが隠れています。
それは・・・・・
写真5をご覧ください。

「魔女の宅急便」に登場する黒ネコのジジ!
キャラクターものの柄のカーテンだと、どうしても子供っぽくなりすぎる場合があったりしますが、この生地はキャラクターとひし形柄の組み合わせで子供っぽいイメージを少なくし、落ち着いたピンク色があることによって子供部屋という雰囲気を残しながらもほんの少し大人っぽい空間にも感じられます。
さて、これで全てのご紹介が終りまして余談といきたいところではありますが、
そこそこ長い記事になってしまったので余談などはまた次回にしましょう・・・・。
それではまた♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP