小上がりの和室に

川中島店下条です。
リビングと同じ空間にある和室。
プライベートなお部屋として使用する際に間仕切が必要となるため、今回は和のテイストのロールスクリーンをご提案させていただきました。
タチカワ社のロールスクリーンで、さりげない蔦のような模様がジャガード織りの様な雰囲気で表現されており、柄の凹凸も変化があり魅力的なデザインになります。
ロールスクリーンを間仕切で使用することで空間を広く有効に使えることができます。一般的な障子は風情があり古くから親しまれておりますが、ロールスクリーンでしか味わえないデザインやバランスをお楽しみいただけます。

関連記事

  1. オパールプリント ロールスクリーン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

facebook

PAGE TOP