カテゴリー別にご紹介します

ドレープ
レース
ロールスクリーン
ハニカムスクリーン
ブラインド
シェード
アコーディオン

掲載順にご紹介します

ブラインドをつけました♪

稲荷山店 宮坂です!
先日、ブラインドつけさせていただきました。
右下に木の絵が😃
ゆっくりとリラックスできる空間になりました。
ブラインドは、色も沢山お選びいただけます。
柄もあり、羽の向きも調整できます。
ここの空間を変えたいなぁ
どぉしよぅかなぁ
1窓でも、ぜひご相談ください。


北欧を思わせる温かみのあるカーテン

こんにちは!
カーテン担当の宮下です。
だいぶ寒い日も増えてきましたので、皆様も体調には十分ご注意ください。
保温カーテンなどもおすすめですよ!
さて今回は木をふんだんに使った温かみのある新築に、おなじく北欧を思わせる温かみのあるカーテンをお選びいただきました。
ざっくりとした生地感が魅力です。
色は5色展開していますので、気になった方はお気軽にお問い合わせください。



ドレープの生地とレースの生地の色を合わせました

ミヤサカの後藤です!
今回はドレープ生地とレース生地の色を合わせたお客様の現場のご紹介です!

こちらが今回納品しましたお客様のカーテンです。

ドレープ生地はシャンタンの薄いブルーグレー、

レースはその色に合わせたラインの入った皺(しわ)加工のされた生地をお選びいただきました^ ^

実際に生地を掛けてみると、ドレープ生地は形状記憶加工によってスッキリとした見た目でかっこよくオシャレな印象になり、レース生地では皺加工の特徴でもあるやわらかく、優しい印象がドレープ生地とはまた別の雰囲気になるので、それぞれ違った楽しみ方ができます👍

ドレープとレースの雰囲気を変えることで、日の出ている時間帯はレースを、日が沈んだ夜間はドレープを…という感じでそれぞれ違った空間演出を楽しむコーディネート方法もオススメです(*´∀`)♪


和室を寝室にしているI 様の施工例

稲荷山店の清水です。
和室を寝室にしているI 様。
襖のところにカーテンをして明かりを遮りたいが、部屋にビスで穴を開けずに仕切って欲しいとのご希望でした。
そこで、L型の金物にカーテンのブラケットを付け、金物を折り曲げ、長押に引っ掛ける形で、固定と傷を付けないためにクッション材を金物に貼って、レールを付け遮光カーテンを掛けました。


L型の金物がフックとして固定でき、キレイに収まりました。
若い方が遅く帰って来て廊下に照明が点いても目が覚めることが無くなる事でしょう。


ダイニングを華やかに

ミヤサカ下条です。
今回は掛け替えをご希望のお宅にお邪魔させていただきました。
今までとガラッと雰囲気を変えたいとのことでしたので大柄の華やかなデザインを提案しました。
穏やかで波立つような茎の上に、満開の花をつけたマグノリア(モクレン)が絵描かれているボタニカルデザイン。
イギリスのデザインでさりげなく光沢があり、チンツ加工を施し上品な雰囲気の生地です。
アクセントで葉っぱの色を抜取り、上部に切返しで仕上げました。


新築リビングのカーテン

こんにちは!ミヤサカの宮下です。
ただ今カーテン半額キャンペーンが好評開催中です。
お気軽にお問い合わせください!

今回は新築リビングのカーテンをご紹介いたします。
壁紙との相性や希望のサイズなどもオーダーカーテンならではの精度で作ることができます。


今回はカーテンの最上部を隣にある開き戸の高さに合わせるようご指示いただきました。
ちょっとしたご要望も丁寧におこなってまいります。


アトリエにグレーのカーテン

ミヤサカ下条です。
今回は、飯綱町のアトリエをコーディネートさせていただきました。
主に絵画を描く場所。
展示会等で沢山出品なさっているそうです。
今回は新作の植物柄をご提案しました。
生地は日本製ですが、イギリス風のデザインで、落ち着いたグレーが美しい印象です。
光や照明の当たり具合でデザインが浮き出て見える感じも魅力的なカーテンです。
グレーは落ち着く効果もありますし、総柄ですがさりげなくデザインを感じられますので、柄が苦手な方にもオススメです。


縁側などの大きな窓のカーテンやレースを変えたい

こんにちは!
カーテン担当の宮下です。
現在ミヤサカではカーテン半額キャンペーンを実施中です♪
縁側などの大きな窓のカーテンやレースを変えたいと思ったことがあれば今がチャンスです!
いつもよりお求めやすくなった分、レールも新調しようというお客様も少なくありません(^^)
レースを洗濯しても買った時の白さが戻らない、
洗ったら少し破れてしまったという方、
ぜひご連絡ください!

掛け替え前レースアップ


シースルー ロールスクリーン

ミヤサカ下条です。
今回は、小布施のホテルに設置したロールスクリーンのご紹介です。
客間の南向の窓。
今まで約15年間、簾を使用されていて古くなり劣化しているので
イメチェンも兼ねて、新しくされたいとのオーナー様のご希望でした。

陽当たりも良いとのことですので遮熱性の強い生地を選択いただきました。
部屋内からは外の様子が見え、外からは見えにくい特徴があります。
途中で生地を調整しながら、景観を楽しんだり、空気の入れ替えをスムーズにしたりできます。
もうすぐ秋のシーズン。
お客様に紅葉を眺めながら、ロールスクリーン越しの景色も楽しんでいただけると嬉しく思います。


開放感溢れる空間

ミヤサカ下条です。
今回はリフォームされた寝室をコーディネートさせていただきました。
テーマは空と海。
引き込まれる様な青空のデザインクロス。
青空には、興奮を押さえ気持ちを落ち着かせ、時間経過を遅く感じられる効果があります。
カーテンはトーンを明るくし海を思わせるマリンブルーを選択され、より開放的でリラックスできる空間に。
何か嫌なことがあった時、イライラしている時、悩んでいる時、この空間に居るとリフレッシュできそうですね。


ドレープとシェードの施行例

ミヤサカの後藤です!
今回は最近に施工をした新築現場のご紹介です!

こちらの現場では掃き出し窓はドレープ・レース共にカーテン。腰窓はドレープがシェード、レースがカーテンとなっております。

シェードではカーテンと同じ生地を使用するので、統一感がありちょっとしたワンポイントにもなります👍お選びいただいた生地は、ドレープがベージュの流線模様のはいった遮光の生地、レースがドレープの柄に合わせた流線模様に加えて裾にもデザインのされた装飾レースです。

レース生地の質感がやわらかいため、レースを閉めているときはお部屋を優しく包み込むような雰囲気を演出してくれます(^^)

最近は窓ガラス自体にお部屋の様子を見えにくくする加工がされているものも増えてきているので、思い入れのある窓には装飾レースを活用するのもいいかもしれませんね✌️。


カーテン+プレーンシェードの空間

ミヤサカ下条です。
今回は飯山市のお宅のリビングをコーディネートさせていただきました。
南側メインの1間掃き出し窓には装飾レールのウッディ28を使用しレールを目立つように施工しました。
カーテンは地模様、和洋折衷のデザインを採用し、紫外線カットのレースをセレクト。
西側、FIX窓にはウッドデッキの景観を存分に残しつつ、下屋が広く出ており西日が直で差し込む心配がありませんでしたので、レースはつけずにシェードのみで開放感溢れる空間に。
夜はシェードを下ろしプライバシーも守り、カーテン+シェードの統一感を演出できます。




ウィリアムモリス「ウィローボウ」カーテン

ミヤサカ下条です
今回は寝室をコーディネートさせていただきました。
古くから愛されている王室御用達、柳のデザイン。
ウィリアムモリスのラインナップの中でも定番柄で、メディアでも良く取り上げられるデザインです。

深い緑と淡い緑のバランスが絶妙で和でも洋でも合わせやすいカーテンです。


遮光生地の調光ロールスクリーン

ミヤサカの後藤です!
今回は、遮光生地の調光ロールスクリーンをご紹介します!
こちらの現場は、前回バーチカルブラインドをご紹介したお客様の寝室でございます。アクセントクロスの色に合わせてグレー系の遮光生地をお選びいただきました👍
(今になってアクセントクロスも一緒に撮影すれば良かったと後悔中…)

調光ロールスクリーンの特徴としては、なんと言ってもロールスクリーンとブラインドのいいとこ取りをしているところだと思います。
そして最近では、スタイリッシュでオシャレなコーディネートができるということで、徐々に調光ロールスクリーンが認知されてきており、新築に限らず掛替えでもお選びいただくお客様が増えてきています😊

「ロールスクリーンみたいに日差しを遮りたいけど、ブラインドのように光を取り入れたい…。そしてわがままを言うなら見た目もオシャレなものがいい!!」
という方には特にオススメの商品です!


格子窓にレースカーテン

ミヤサカ下条です
今回は、千曲市稲荷山のパン屋さん。
入り口をコーディネートさせていたしました。

店舗メインとなる格子窓。
道沿いに面していて目立つ場所なのでアピールもしつつ、店舗内のシックな雰囲気を崩さないようスタイルをご提案しました。

上下をTOSOのグレイス11でポールを設置し、柔らかいレースに張りをもたせ、ボリューム感たっぷりで仕上げました。
ギャザーも綺麗に出るように生地も多めに使用しています。

中心にタッセルの代わりでアンティークのクリップで絞ることてリズミカルで上品な印象に仕上げてあります。

オーナー様から、
「ガラっと雰囲気が変わり、設置していただいて良かったです。」とのご感想もいただきました。


カーテンレールの配色について

湿度の高い時期は汗拭きタオルが必須!
というカーテン部門の宮下です(^^)

リビングは特にカーテンレールなどにもこだわりたいよね!
ということで、カーテンレールの配色についてご案内します!

新築のお家の場合、カーテンレールをご購入いただくケースが多いのですが、なかなか買う機会がないものなのでよくわからないという場面が多々あります。
レールを見せたい場合、
カーテン生地の色と合わせたい場合、
ナチュラルなイメージにしたいなど色々選択肢は多いのですが
今回の施工例は非常にクール!
レースの白とレールとカーテン生地のバランスがよく、都会的な雰囲気があってとても洗練されたイメージに仕上がりました!

長く使うものなので、じっくり選んで決めていただきたいですね♪


バーチカルブラインド(タテ型ブラインド)で統一

ミヤサカの後藤です!
今回はバーチカルブラインド(タテ型ブラインド)で統一されたお客様のご紹介です!

こちらは、リビング・ダイニング、吹き抜け、2階のホールをバーチカルブラインドで統一し、スタイリッシュでオシャレな空間になりました。


バーチカルブラインドの統一感とルーバー(羽)が縦に並んでいることにより、天井をさらに高く見せる効果もあります。

写真では1台に見えますが、実は2台取り付けてあります^ ^
ここがオーダーだからこそのこだわりポイントでもあります!
メカの間の間隔を無くすことで一体感が増し、よりオシャレな空間を演出します。

他にも、ルーバーが溜まる側のヘッドレールを少し長めにしていることで、ルーバー寄せたときの溜まりで窓をなるべく隠さないようしているのもポイントです。
こういった細かな部分もこだわることで、いつ見ても飽きのこないステキなお部屋へとなっていきます👍
出張試着をご利用した際は「私はここをこうしたい、こうやってみたい」などのご要望はお気軽にお声掛けください^_^


デュオレ 調光ロールスクリーン

ミヤサカ下条です
今回は長野市の不動産会社様
事務所に設置させていただいたロールスクリーンのご紹介です。
通常のロールスクリーンに比べ調光や視線の調整が可能な製品です。
写真はコーナーの窓に、正面付けタイプ(右側)枠内付けタイプ(左側)スリムタイプで設置しました。


2台とも正面付けにしてしまうと隅で干渉してしまうため、施工位置を変更しました。

プライバシーを守りつつ、調光できることがデュオレのメリットで、インテリア性の高いスクリーンになります。


シェードの操作種類

ミヤサカの後藤です。
今回は「シェードの操作種類」についてご紹介いたします。
シェードの操作にはコード式とチェーン式の2種類あります。
それぞれどう言った特徴があるのか?というのを順番に説明していこうと思います!

【コード式】
コード式は生地の昇降をする紐と操作する紐が全て繋がっているのが特徴です。
チェーン式よりも価格が安く、昔からよく使われているものになります。
コード式のメリットは、お買い求めやすい点とサッと操作ができるところです👍
デメリットとしては、昇降する紐と操作する紐が繋がっているのでチェーン式に比べて摩擦によって紐が切れる可能性が高いと言う点です。

【チェーン式】
こちらは、生地の昇降する紐と操作する紐(チェーン)がそれぞれ別になっているのが特徴です。
チェーン式のメリットは、コード式よりも操作性が良く、生地を降す時にブレーキがかかりながら降りてくるところです👍
デメリットは、少し価格が高い点とコード式に比べると操作チェーンを引っ張ったときの生地の上がりが少ない点です。

操作以外にもシェードには色々な種類がありまして、そのご紹介はまた後日たくさんお話しさせていただきます。
ご期待ください(^^♪


フィンレイソンカーテン

ミヤサカ下条です。
今回はお子様のお部屋をコーディネートさせていただきました。
北欧風でポップな雰囲気が好みのお客様。
小学生のお子様がいらっしゃって動物好きとのことで、北欧デザインカーテンのフィンレイソン、ゾウのデザインをお選びになりました。
涼しげで爽やかなブルーが集中力を高めてくれる効果もあります。


アクセントクロス・ロールスクリーンの紹介

稲荷山店の宮坂(幸)です。

アクセントクロスにFinlayson
クロス、カーテン生地沢山種類がありますが、その中でもピンクを使いました。
ロールスクリーンもピンクで揃え素敵な空間ができました。


レースカーテンのお手入れ

ミヤサカの宮下です。

カーテンの掛替えなどでお客様に訪問した際「レースって普通に洗って良いの?」というご質問をよくいただきます。
レースにも素材の種類がありますし劣化具合などによっても対応が変わってきますが一例として紹介させていただきますね。
一般的に使用されている機能性レースはポリエステル素材が多く、ネットに入れて洗濯機洗いで大丈夫です。
中性洗剤(蛍光剤の入っていないもの)を使用し(手洗い)(ドライ)(ソフト)などのコースを選ぶと良いと思います。
すでに破れている部分があるとか、ひっぱると破れそうな場合は手洗いをオススメします。また脱水時間も30秒くらいの短めで生地の負担を減らすようにすると良いかもです。
コロナの影響もあり家にいることが多くなりがちですが、花粉の落ち着くこの時期に一度きれいにして少しでも快適に過ごせればと思います。


部屋の仕切りにロールスクリーン

ミヤサカの後藤です!
今回は「部屋の仕切りにロールスクリーン」についてご紹介します!
ロールスクリーンは窓に取り付けるだけでなく色々な活用法があり、本日はお部屋の仕切りとして活用した現場です。
「冷暖房の効率を上げたい」というご依頼をいただきロールスクリーンをご提案しました。

生地を巻き上げている時と降ろした時の見栄えがスッキリとし、ロールスクリーンの特徴であるフラットな生地によりお部屋の壁に馴染みやすいというのもポイントです。
冷暖房の効率を上げる以外にも、プロジェクターを使って映画鑑賞などにも活用できちゃいます👍


体育館のカーテン

ミヤサカ下条です。
今回は長野市S高校様の体育館に設置させていただきました。
体育館のカーテンは基本開けている時間が多いですが、行事やイベント等で遮光が必要となりますので一級遮光のドレープ生地をオススメしました。
下部にある横長の柵の窓にも同じ生地を設置して遮光度アップに。

また、レースを付けている体育館は少ない傾向ですが、生徒の皆さまが快適な時間を過ごせるように、西側の日差しが強い箇所のみ遮熱レースご提案しました。


ファブリックボード

カーテン部門の宮下です!
お部屋に絵画やアートポスターなどを飾るのも素敵だと思いますが、カーテンにも使われているおしゃれなデザインを壁掛けにして楽しんでみませんか?
お好きな柄をボードに貼り付けファブリックボードとして販売しております。
サイズも自由度がありますので、一度は試していただきたいと思います。


バランス付きのカーテン

ミヤサカの後藤です!
バランス付きのカーテンについてご紹介をいたします!
今回ご依頼をいただいた内容は、「今までシェードだった窓をカーテンに変えて、同じ生地でバランスも付けたい」です。

それでは早速、施工後の写真をご覧ください!

ブラウンの落ち着いた雰囲気と生地の光沢、バランスを付けることにより、高級感・存在感がありながらも、周りの植物やお部屋をより引き立てる空間となりました。
装飾レールとは逆のバランスでレールを隠すことでまた違った見栄えの良さがあります。
ドレープだけではなく、レース生地も刺繍のつた柄をお選びいただいたことで統一感もアップ!

そして、タッセルをドレープの共布ではなくロープタッセルにするだけでさらにワンランク上のコーディネートに。
バランスを付けるのには少し勇気がいりますが、実際に付けた時の雰囲気の変化はとてもおもしろく、より一層ステキな空間になるのでオススメです!


デュオレ

川中島店下条です。
今回はご新築のお宅をコーディネートさせていただきました。
リビング掃き出し窓、上げ下げできるタイプでスタイリッシュな空間をご希望でしたのでタチカワ社のデュオレをご提案しました。
調光も自由自在、レース機能もあり昇降できる多機能のロールスクリーンです。


ロールスクリーンの活用について

ロールスクリーン
カーテン担当の宮下です!
新型コロナウイルスの影響は終息に向かう気配もなくとても心配しております。皆様の安全を祈っています。
今回はロールスクリーンの活用についてです。
ご自宅のお部屋をすっきり見せたり収納の効率アップしたりなどロールスクリーンで実現してみませんか?
お部屋の仕切り、押入のふすま代わりに、収納棚の目隠し、扉の代わりになどアイデア次第で簡易的なリフォームも可能かもしれません。
ロールスクリーンを使った空間作り、お部屋すっきり計画はカーテンスタッフと一緒に考えるのもOKです!
外出しにくい時期だからこそぜひお試しください!


「形状記憶加工」カーテン
ミヤサカの後藤です!
今回は「形状記憶加工」についてご紹介します!
形状記憶加工は、専用の窯で行う熱処理によってカーテンのウェーブをきれいに仕上げる加工のことです。形状安定加工でもきれいにウェーブができますが、よりウェーブをすっきりさせるのと長持ちするのが特徴です。
こちらが形状記憶加工を実際にしたカーテンの写真です。カーテンを広げてみるととてもきれいなのですが、特に喜んでいただけるのが「カーテンを束ねたとき」なのです。


普段、形状記憶加工なしの場合は束ねたときに、袴のように広がっていってしまうのですが、加工をすることによってかなり軽減されているのがわかります。
写真の生地は遮光生地なのですが、加工をしない場合だと、束ねたときに約1.5倍広がってしまいます。束ねるときにウェーブの「クセ」ができているため、アコーデオンカーテンのようにスムーズに畳まれるように収まりるのも特徴です。
リビングの大きい窓や縁側、束ねたときすっきりとさせたいという窓にはとてもおすすめの加工です!


バランス(上飾り)付カーテン
川中島店下条です。
今回はリフォームを機にカーテンをご依頼いただいたお宅のご紹介です。
リビング西向きの掃き出し窓。
テーマは落ち着いた雰囲気で主張しすぎない空間。
ブラウンとゴールドで展開されているペイズリーに、差し色でターコイズブルーがデザインされており当店オリジナルの高級感溢れる逸品です。
2連窓でカーテンは4枚で両開き、上飾りはバランスを考慮しお客様の要望もお聞きした上で一括コーディネートさせていただきました。
スワッグスタイルのバランスはデザインも引き立たせつつ、リズム感も演出します。
レースは西向きで日当たりが良いため紫外線カット+断熱性に優れている生地をセレクト。
上飾りのデザインは様々で、シーンやイメージに応じてご提案します。


調光ロールスクリーン

ミヤサカの後藤です!
今回は「調光ロールスクリーン」についてご紹介します!
ロールスクリーンのように見た目がすっきりしていて、ブラインドみたいに日差しを調節したい・・・そんなときこそ、「調節ロールスクリーン」の出番です!

こちらの生地が縞模様になっているのが特徴の調光ロールスクリーン。
このままだと「夜になったら外から見られちゃうよ・・・」となってしまいますが、少しチェーンを操作してみると・・・

あら不思議。
縞模様からブラウン一色の柄へと早変わり!
この秘密は「メカ(生地)の構造」にあります。

横から生地を見てみると、2枚の同じ生地がスライドするような構造になっており、縞模様と単色の切替えをして調光をするという仕組みでございます。

ロールスクリーンのように生地を途中まで降ろして目隠しや調光をするのも良し、ブラインドのように生地を降ろしきって縞模様と単色で調光をするのも良し!
つまり、ロールスクリーンとブラインドの良いとこ取りをしたのがこの「調光ロールスクリーン」なのです!使い勝手も良く見た目もオシャレなので、ここぞという窓にいかがでしょうか?


保育園に間仕切カーテン

川中島店下条です。
今回はプライベートでもお世話になっている、川中島の保育園様にお邪魔させていただきました。
写真は玄関入口からレクレーションroomに繋がる間口。

夕方、お子様が帰られた後、会議の場で使用する冷気対策で間仕切をしたいとのご希望でした。
レールを天井に設置し片開きでカーテンを施工させていただきました。

生地は防炎生地の地模様デザインで小さい子が集う場所なので明るい淡いピンクをご提案しました。
園長先生より「会議も安心にでき、冷気も軽減できました」バッチリです。
と感想も頂戴しました。


マリメッコUNIKKO(ウニッコ)でカーテン

ミヤサカの後藤です!
今回は「マリメッコ」の生地を使用した現場のご紹介です!
マリメッコの生地は色々な種類がございますが、その中でもよく見かける「UNIKKO(ウニッコ)」というデザインの生地をカーテンとしてお選びいただきました。

花柄の大きさは小・中・大と3パターンあります。
この現場では、中サイズか大サイズかで迷われていましたが、中サイズの花柄の方が窓の大きさに対しての柄の間隔や壁・床などの周りの雰囲気に合わせた時に一番しっくりくるという理由で中サイズをお選びいただきました。

綿生地ならではの素材感と透け感でさらに素敵な空間に!

またカーテンをまとめているときも、主張しすぎず、周りに溶け込みすぎない、ちょうどいい存在感も魅力的ですね♪


センターレース バーチカルブラインド

川中島店下条です。
ご新築のリビングをコーディネートさせていただきました。
横並びの掃き出し窓。
ナチュラルでシンプルな雰囲気がお好みでしたので綿風のベージュ生地をご提案しました。
左の窓はカーテンで出入りをし易く、右側の窓は階段が迫っているため干渉を避けつつコンパクトに納る所も考慮し、バーチカルブラインドをセレクトしていただきました。
今回のポイントはバーチカルブラインドにセンターレースをプラス。
スラット羽を調整時、レーススラットがある事で、日中のプライバシーをどの角度からでも守りながら採光が可能です。バトンの操作でレースを全面に見せることもできるので開放感も味わうことができるウィンドゥトリートメントです。


テーブルをこたつ仕様にリメイク


川中島店下条です。
リビングでデスクワークすることが多く、膝に負担をかけない様に椅子に座ってお仕事をなさることが多い今回のお客様。この時期はフットヒーターを使用して足元を暖めて保温力を高めたいとのご希望でした。
今使用されているテーブルの裏側にレールを設置してカーテンを 覆う様にお掛けしました。
レールはTOSO社のネクスティ
カラーはナチュラルグレインを使用。
カーテンから冷気が漏れにくい様にヒダ上部のBフックも必須です。足を入れた時に冷気が漏れない様に丈の長さを10センチほど引きずらせています。
生地も厚手でしっかりした織りの生地をセレクトされたので保温力もありながら暖かさも感じられるデザインでお気に召していただきました。
オーダー カーテンは窓面だけでなく、様々なシーンに応じて活用するのも楽しみの一つです。




プリーツスクリーンを紹介します!

カーテン部門の宮下です!
今回はプリーツスクリーンを紹介します!
ジャバラ状の生地を折りたたむように上下に開閉させて、採光を自由に調整できるアイテムです。和室に人気ですが洋室にも意外と合いますよ。
生地の配置も上下でお選びいただけるので採光の取り方もお好みで調整できるのが便利なんです(^^)
生地の種類も豊富なのでお部屋に合う色柄がきっと見つかります!


ウィリアム・モリスの『いちご泥棒』のシェード

ミヤサカの後藤です!
今回はウィリアム・モリスの『いちご泥棒』のシェードをご紹介いたします!

ウィリアム・モリスのデザインでもっとも有名で人気のある『いちご泥棒』。
私もウィリアム・モリスのデザインで1番好きなのが『いちご泥棒』です(^∇^)そして毎回見るたびに見惚れてしまっています・・・(汗)
そんな人気のある『いちご泥棒』を本日は寝室に施工をしました!

青を中心とし、いちごの赤、鳥のベージュなど様々な色が使われているため、落ち着きすぎず、飽きのこない寝室へとなりました。
生地がフラットになるので、まるで絵画を飾ったかのようになり、生地を降すとちょっとした芸術鑑賞気分にもなっちゃうかもしれないですね♪
少し高い生地ですが、「ここをとことんこだわりたい!」というお部屋にはとてもおすすめです!


スワッグバランス (上飾り)

川中島店下条です。
今回は、長野市大門町にあるサロン様に施工したカーテンのご紹介です。
サロンの入り口を、ワンポイント加えてクラシカルな雰囲気でお客様をお迎えしたいとオーナー様のご希望でしたので、スワッグバランスをご提案。
逆光で画像が分かりにくいですがシルエットだけでも美しいバランスになります。
バルーンシェードとの相性もよくベルベット生地でコーディネートさせていただきましたので優雅で気品溢れる空間になりました。


リビングのカーテン

カーテン担当の宮下です(^^)
今回はリビングのカーテンをご紹介します!
色々な掛け方や作成方法がありますが、今回のお宅では両サイドと中心のカーテン生地を変えました!
両サイドが無地なのでフレームの役割を担いつつ、好きな色柄を2つ楽しめる完成品となりました。
生地やレール、タッセルも含めてオーダーカーテンは組合せ自由ですので、お客様の感性を引き出せるような提案を心掛けたいと思います!


ウィリアム・モリス「フルーツ」のカーテン

ミヤサカの後藤です!
今回はウィリアム・モリス「フルーツ」のカーテンを施工した現場をご紹介します!
ウィリアム・モリスの「フルーツ」はご存知の方なら一度は目にしたことがあるデザインかと思います。

ウィリアム・モリス「フルーツ」

柑橘類の柄が描かれている「フルーツ」。
ウィリアム・モリスのカーテンは色々ありますが、いちご泥棒やウィローボウにも負けないくらいこちらのデザインも人気があります!


織りの生地のため柄に立体感があり、見る角度によってまた違う雰囲気を楽しめるのもポイントです。


実際にカーテンを掛けてみると、今まで付いていた装飾レールとも相性がよく、ウィリアム・モリスならではのデザインと色によって、主張しすぎず、
壁紙・床・家具とのバランスも取れたステキな空間になりました^_^


大きな窓にウッドブラインド

ミヤサカ川中島店の宮下です。
今回は玄関にある大きな窓にウッドブラインドの施工をしてきました!

この現場では木がふんだんに活かされていた玄関だったため、より木の良さを引き立たせるウッドブラインドをご提案しました。
窓枠の内側に取り付けることによって窓周りがすっきりとします。
ウッドブラインドの特徴である木ならではの風合いがとても良く出ており、床の木目や外に生えている植物との調和もとれてより素敵な玄関となりました。


小上がりの和室に

川中島店下条です。
リビングと同じ空間にある和室。
プライベートなお部屋として使用する際に間仕切が必要となるため、今回は和のテイストのロールスクリーンをご提案させていただきました。
タチカワ社のロールスクリーンで、さりげない蔦のような模様がジャガード織りの様な雰囲気で表現されており、柄の凹凸も変化があり魅力的なデザインになります。
ロールスクリーンを間仕切で使用することで空間を広く有効に使えることができます。一般的な障子は風情があり古くから親しまれておりますが、ロールスクリーンでしか味わえないデザインやバランスをお楽しみいただけます。


モリスデザイン シェード

川中島店下条です。
今回はリビングをリフォームされたお宅にお邪魔いたしました。
ウィリアムモリスのデザインで明るい空間にしたいとのご希望でしたので「マリーイザベル」をご提案しました。


ウィリアムモリスの一番弟子、ジョン・ヘンリー・ダールのデザインで、赤い花がなんとも鮮やかな刺繍ステッチの様なデザインで表現されております。
柄が密集していますが賑やかすぎないのはリピート柄の繰り返し間隔が広いため。また、余白部分の効果で広く明るい空間を演出できます。
シェードにする事でデザインが生き、絵画の感覚で楽しむことができます。
レースは窓枠内にボイルレースを使用しエレガントにコーディネートさせていただきました。


ウィリアムモリスの美しい青さが光るカーテン

川中島店の宮下です!(^ ^)
今回はウィリアムモリスの美しい青さが光るカーテンをご紹介します!
デザイン性、品格、引き込まれる色調が魅力的ですが、特に今回の生地は深みのある青色が素晴らしく、心を奪われてしまいます。
カーテンは長い期間、生活の一部として共に過ごしていくものなので、本当に好きなデザインを、時間をかけて選んでいただきたいと思います。


カラーデザインレース

川中島店下条です。
今回はリビングのお部屋をコーディネートさせていただきました。すっきりとした北欧風のイメージで空間を作りたいとの事でしたので、流線のデザインをご提案しました。
カラーデザインレース
ホワイトとグレーの柄がリズミカルな印象を与えてくれますし、アート的な要素もあります。
レースカーテンもデザイン性の高いプリント、刺繍柄も多数ご用意しております。
レースメインでコーディネートをされたい方にオススメです。


チェック柄でお部屋を楽しく♪

川中島店下条です。
今回は、ブロックチェックカーテンのご紹介です。
縦横のラインが等間隔で、格子が正方形のチェック柄。
日本では、市松模様とも呼ばれています。
淡い色づかいのブロックチェックデザインなら、リビングでも馴染みやすい優しい空間を演出できます。
均等に格子が並んでいるので、特出して柄が目立ち過ぎず綺麗な印象です。
ナチュラルなウッドの建具、家具との相性もバッチリです◎
カーテンレールはTOSOのクラストアイアンタイプを施工させていただきました。




ロープタッセルでアクセント

ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「ロープタッセルでアクセント」についてご紹介いたします。
普段タッセルは共布で作成しますが、リビングや応接室などここは特別にという窓には「ロープタッセル」がオススメ!

カーテン

カーテン生地の色を合わせるも良し、アクセントで別の色にするのも良し!
ちょっとしたアクセントにロープタッセルはいかがですか?

カーテン出張試着
スリープインテリア館ミヤサカでは、1,600種類以上のカーテンをお持ちしてお客さまのご自宅に伺うサービスをおこなっています。ご納得いただけるまで掛け比べてください。お客さまのお部屋にぴったりの一品が必ず見つかります。


クロスオーバースタイル

クロスオーバースタイル
川中島店下条です。
今回は、写真スタジオ様にレースカーテンを納めさせていただきました。
全体的にエレガントで優雅で気品に満ちた空間。
クロスも総柄でしたので、ケンカしないように 同じテイストのブロンズの刺繍レースをご提案。レースをふんわり両側でまとめて空間に寄り添う様にコーディネートさせていただきました。


縁側のレースに華を
ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「縁側のレースに華を」についてご紹介いたします。
お庭を眺めたり、新鮮な空気を取り入れたり、日差しの気持ちいい時にはついついお昼寝なんかもしちゃったりして・・・。
縁側のような大きい窓にこそカーテンにこだわりを。
カーテン1
カーテン2
こちらのレースはウィリアムモリスでお馴染みの「ウィローボウ」でのレース生地となっております。実際に見ると、光沢もあってより華やかさを感じられます^^
でも生地の柄は「華(花)」というよりかはむしろ「草」ですケドね(^^;)
(「華やか」ならぬ「草やか」!?)
ドレープ生地もレースに引けを取らないものをお選びいただきました!
カーテン3
落ち着きのあるブルー地にクラシカルな柄でレース生地の柄ともケンカせず、それぞれの良さが引き立ちます。
縁側のあるお家は最近では減ってきていますが、カーテンで華やかにすれば、今までになかった楽しみ方がさらに見つかるかもしれません(*´ω`*)


ロールスクリーン&カラーレース

川中島店下条です。
今回は寝室でロールスクリーンを使用されている御宅にお邪魔させていただきました。

遮光のロールスクリーンをお使いでしたので締切ると真っ暗に‥
空気を入れ替えたい時は、開けてしまうと外から丸見え‥
風で揺れるとサッシにウエイトバーがあたりコツン、コツン気になる‥等
お悩みが多々ございました。

ロールスクリーン&カラーレース1
ロールスクリーン&カラーレース2
ロールスクリーン&カラーレース3

ご提案の中で、ロールスクリーンをお部屋側に移動し、窓側にレール天付け&レースカーテンを入れることで上記の悩みは改善されました。
レースのピンク生地もロールスクリーンの色を抜いてコーディネートした事により機能性もさることながら、互いが弾き立つ効果も生まれます。


ラインドレープ(縦型ブラインド)

川中島店の宮下です!
今回は恥ずかしながら、自宅のラインドレープ(縦型ブラインド)を紹介いたします!部屋の壁が白いのでブラインドも同じく白にしました!
レースを挟んだアンサンブルも検討しましたが、窓ガラス性能の進歩もありレースなしのシンプルタイプにしました!
羽の向きを変えることによって西日などにも対応できるうえに、一本ずつ取り外して洗えるので子供のいる我が家では最高です!

ラインドレープ1
ラインドレープ2

生地の種類やカラーも豊富なので皆さんもチャレンジして欲しいと思います!


ダブルプリーツスクリーン

ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「プリーツスクリーンその2」についてご紹介いたします。
前回、シングルプリーツの紹介では、
〇ドレープ生地とレース生地のどちらかを選べる
〇お部屋の使用用途に応じて生地の使い分け
などの説明をしました。

今日ご紹介する「ダブルプリーツスクリーン」でも同じように説明・解説をしていこうかと思います!

まずはじめに・・・・
ダブルプリーツスクリーン2
こちらが「ダブルプリーツスクリーン」になります。

ダブルプリーツの場合「ドレープ生地」と「レース生地」が1台で使い分けができます。ただし、デメリットとして、シングルプリーツよりも金額が高く、生地のたたみしろも多くなってしまいます。

ですが!

1)「ドレープ生地とレース生地を好きな位置で使い分けができる」
2)「どちらの生地が上にするか下にするかも選べる」
などメリットも多いです。

1)では、人目の気になる位置までドレープ生地で隠し、残りのスペースはレース生地で明かりを取り入れる。
朝はレース生地だけにして、お昼過ぎから夕方にかけての西日を防ぐためにドレープ生地の割合を調整。
2)は、お部屋の使用用途や使い勝手の良さでドレープ生地とレース生地をどちらが上でどちらが下かを自由に選べます。

お好みの柄や使い道・見栄えなどを考えながら「シングルプリーツ」か「ダブルプリーツ」をコーディネートしてみれば、デメリットなんか気にならないくらいのステキなお部屋つくりができるかなと思います(*^^)v


フロントレースカーテン

川中島店下条です。
普段レースカーテンは窓側に 掛けてお使いの方が当然多い傾向です。
今回はレースを際立たせるため、部屋内手前にコーディネートさせていただきました。
レースカーテン1
レースカーテン2
レースカーテン3
レースはインハウスのトルコレース、ドレープは川島フェルタのシャンタン遮光を使用しています。
コーディネートポイントはドレープを無地でセレクトすることと、レースは透け感あるもので刺繍、オパールプリントのデザインを取り入れることです。


タイトル :自然と光りとブラインド

こんにちは!
川中島店の宮下です(^^)
今回は玄関先の窓にブラインドを設置したところ、中庭の景色と絶妙にマッチして、おしゃれなできあがりでしたので是非ご覧ください!
ナチュラルな木目を選んでいただいて、玄関先の釣り具や床の色とも絶妙に調和していると思います。
玄関もお部屋同様に毎日見る場所ですし、お客様がいらっしゃってもお気に入りのカラーでお迎えできますよね^ ^

ブラインド1
ブラインド2

プリーツスクリーン1

ミヤサカの後藤です。
今回のテーマ「プリーツスクリーン1」についてご紹介いたします。
プリーツスクリーンには「シングルプリーツ」と「ダブルプリーツ」の2種類にわかれています。今日は「シングルプリーツ」のご説明を簡単にしていこうかと思います!
シングルプリーツの場合、お部屋の使用用途によってドレープ生地かレース生地のどちらかをお選びすることが多くなります。

プリーツスクリーン

写真のような少し丈の短い窓でも対応可能!
ドレープのシングルプリーツは、レースをカーテンにする場合や換気をよくするが外からの視線が気にならない窓、日差しを遮るためにほとんど閉めっぱなしにする窓などにもよく使われます。
レースのシングルプリーツでは、障子を活用する窓や窓枠の内側にスッキリと収めたいとき、レースで和紙調の雰囲気を楽しみたい場合などに使用されています。

シングルプリーツ

実際に取り付けると和紙調の透け感がいい雰囲気になるんですよ(^^♪
次回は「ダブルプリーツ」についてご紹介します!


オパールプリント ロールスクリーン

川中島店下条です。
今回はサンルームにロールスクリーンを施工させていただきました。

カーテン1
カーテン2
カーテン3

洗濯物を干して使用される空間との事で、外部からの視線をシャットアウトしつつ、中からは外の様子を見えるようにしたいとのご希望でした。空間も広く有効に活用できるようにシースルーのロールスクリーンをご提案させていただきました。

商品は、ニチベイ社のロールスクリーンでオパールのプリント加工によって美しくデザインされている生地になります。外から観ても、部屋内から観ても映え、爽やかさも感じられるウィンドウトリートメントです。

ニチベイ社のロールスクリーンはオパールプリントのシリーズが豊富で、他にもモダン、北欧風、幾何学、等のデザインがございます。

レース生地だけで空間にアクセントを加えて遊んでみたり、無地で統一して落ち着いた空間にしてみたりと好みで人それぞれ考え方は異なりますが、レースは観ている時間が長いので直感も大事ですが、慎重にセレクトしてください。
レースひとつで空間はガラッと変化します。


シンプルさが際立ちました!

川中島店の宮下です^_^
今回は大窓に取り付けたロールスクリーンをご案内いたします!
迫力あるサイズですが、色彩に一貫性があっておしゃれにまとまっています!
光の入り方や、階段の木材と非常にマッチしてスマートな印象を強く感じました^ – ^
ロールスクリーン1
ロールスクリーン2


どちらの刺繍も

ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「どちらの刺繍も」についてご紹介させていただきます。
刺繍のドレープと刺繍の生地レース生地。同じ刺繍生地でもドレープとレースでは雰囲気がだいぶ変わってきます。

ドレープ生地
こちらは刺繍のドレープ生地。
写真ではシェードでの仕上がりになっているため、生地がフラットになって柄全体がよく見えるようになります。まるで額縁に飾った作品のようにも見えますね(*´ω`*)

お次に刺繍のレース生地。

刺繍の生地

レース生地ならではの透け感でお部屋を明るくしつつ陽の光でより刺繍部分が映えるのでいつまでも見ていられるようなステキな空間演出に最適!

レース生地

刺繍の生地をうまく組み合わせれば柄同士がケンカせず、よりワンランク上のコーディネートができるので是非ともお試しください(^^♪


ウッドブラインドでカフェ風に

川中島店下条です。
今回は、リノベーションされた応接室にウッドブラインドを提案させていただきました。
窓は磨りガラスで、外部からの視線は気になりませんが陽射しが強い時間は眩しかったり、窓を開けておくと丸見えになったりしてしまう場所でした。
こんな時、重宝できるウッドブラインド。
見た目も高級感があり、色も濃ければ濃い程その存在感が増します。
陽射しもシャットアウトできますし、外も気にせず窓を開放することができます。
ウッドブラインド1
ウッドブラインド2
お客様が出入りされる大切な空間。
古民家をリノベーションされた応接室はモダンなカフェの空間に早変わりされました。


ペットのいるお部屋に

ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「ペットのいるお部屋に」についてご紹介いたします。
ワンちゃんやネコちゃんなどを飼われている場合、カーテンのお悩みとしてよくお聞きするのが、
『頻繁に引っ掻いてしまいすぐに破れてしまう・・・』
というお悩みが一番多いです(*_*)
叱るにしても、その様子が可愛くてついつい叱れなかったり・・・。
そういったときに『シェード』はおすすめです!
シェード
シェードのタテの開閉によって、ワンちゃんやネコちゃんの届きにくい位置に生地をまとめておくことが可能。
柄の生地だと、閉じているときの見栄えもさらにUP!
万が一、汚れてしまった場合でもカーテンの生地なのでメカから取り外して、ネットに入れて、そして洗濯機へ。(ウエイトバーを抜くのも忘れずに!)
最初は少し手間のかかる作業ですが、慣れてしまえばすぐにできちゃいます!
もしわからない場合:スタッフがご自宅にお伺いし、生地のお取り外し・クリーニングも承ります(*^^)v


軽井沢にご新築なさったお宅をコーディネート

川中島店下条です。
今回は、軽井沢にご新築なさったお宅をコーディネートさせていただきました。

寝室1
寝室2

1と2の画像は寝室になります。
蔓のように流れる様なクラッシュ加工(シワ加工)レースは、ボイル地にブロンズの刺繍が何とも上品にデザインされていて落ち着いた雰囲気。
カーテンレールはTOSOのグレイスフィーノを施工。
木目とメタルの融合が特徴で、ラグジュアリーな空間を演出します。

リビング

3の画像はリビングになります。
ドレープは川島織物セルコンの高級感溢れるゴールド生地で、レースも合わせてゴールド刺繍のトルコ製生地をご提案。カーテンを両側に寄せた時、通常は共生地タッセルでまとめる使い方がスタンダードですが、今回はお客様の強いご意向でアームタッセルを施工させていただきました。
見た目もアクセントが効いて、もちろん素敵ですが、アームに束ねるだけでまとめられるのでスッキリしていて使い勝手も良かったりします。
レールはホワイトのグレイスフィーノを使用。バックのグレーのアクセント壁との兼ね合いも意識してセレクトしていただきました。
グレー✖️ホワイト✖️ゴールド、バランス良くコーディネートされていて、調和のとれた空間が生まれました。


一味違うリビング

ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「一味違うリビング」についてご紹介いたします。
「生活しているなかで、一番長い時間いる場所は?」と聞かれたときに、多くの人は『リビング』か『寝室』と答えるかと思います。
本日は長い時間すごしながら家族との交流も深められる『リビング』に注目していきたいと思います(*^-^*)
「一味違うリビング」ということで早速、施工後の写真をご覧ください!

カーテン2
こちらの生地は「ウィリアム・モリス」の柄「ウィローボウ」を国内の有名な織物メーカーである川島織物セルコンが織り上げたカーテン生地になります。

カーテンレールは「装飾レール」という名前の通り、あえてレールを“見せる”ことによって、よりお部屋の雰囲気を引き立てることができます。
なので“魅せる”レールとも言えますね(^^ゞ
レース生地では、前回の生地でご紹介したツタ柄の刺繍の入ったレースをお選びいただきました。

カーテン3
カーテン4
ウィローボウの柄とも相性がよく、また一味違った空間に。
普段あまり見ないような生地も出張試着であればご自宅で雰囲気が見ることができて、他にはない思い入れのあるお部屋作りを目指すことができます!


ロールスクリーンで間仕切り

川中島店下条です。
今回はリビングと和室を仕切るために設置したロールスクリーンのご紹介です。
開口部の幅が約2m70㎝と大きいためアコーディオンやカーテンの選択肢もありましたが、コストも抑えめで空間を広く見せられるようにロールスクリーンをご提案いたしました。

ロールスクリーン1
ロールスクリーン2

大きな幅を1台で対応できる大型ロールスクリーンは限られており、数種類のラインナップから今回はニチベイ社のフェスタ(コットン地に雰囲気が似ている)生地をオススメしました。
オーガニックがお好みの方でしたらコーディネートで使用していただくと満足感のあるシリーズになっております。大型チェーン式なので、操作時の重みも無くスムーズに開閉することができます。


シンプルな生地も

ミヤサカの後藤です!
今回のテーマ「シンプルな生地も」についてご紹介いたします。
お部屋にある、こだわった家具や雑貨・アクセントのある壁紙を主張したいとき、その空間の雰囲気を崩したくない・・・。
そんなときにはシンプルな生地はいかがでしょう!
カーテン2
カーテン1

こちらのお家では、お部屋の雰囲気に馴染むシンプルな遮光生地をお選びいただきました!
しっかりとヒダをとることにより、シンプルな生地でも雰囲気に溶け込みすぎず、バランスの取れた空間に(^^♪
そして、ヒダがしっかりとしていると収まりもスッキリとするのでカーテンを開けているときの見栄えもGood👍

カーテン3

柄もののカーテンもモチロン素敵ですが、お部屋の雰囲気・イメージによってシンプルな生地でのコーディネートもおススメです!


バンブーブラインドのご紹介

川中島店下条です。
今回は千曲市のご新築のお宅をコーディネートさせていただきました。
ブラインドご希望のお客様。
床や建具で天然木をふんだんに使われた空間でしたので、はじめにウッドブラインドを紹介させていただきました。
ですが、打合せの中でウッドブラインドを選択するとどうしても予算オーバーしてしまうため、似た感じの雰囲気で値段を抑えることができるニチベイ社のバンブーブラインドをご提案いたしました。
バンブーブラインド1
バンブーはその名の通り、竹を使用したブラインドになります。
竹というと少し耐久性、高級感に欠けるというイメージを持つ方もいるかもしれません。
バンブーブラインド2
安心してください(^^)
竹のスラット羽自体には特殊な加工がされており強度も高く、竹でしか味わえない繊維質バラツキがあり風合いも魅力的です。操作時、上げた時の軽さもバンブーブラインドの特長です。
カラーもアジアンテイストやモダンテイスト等、10色近くのアイテムからセレクトできます。

空間のポイントになるバンブーブラインド
是非一度、お試しください。


寝室にもアクセント
ミヤサカの後藤です!
今回のテーマ「寝室にもアクセント」についてご紹介いたします。
朝。目が覚めてカーテンを開いた時、そこに素敵なレースが掛かっていると、より一層気持ちよく一日が始められる・・・・な~んて気がしますよね(^^;)
今日は、そんな気持ちにさせるようなレース生地を寝室に使用したお家のご紹介になります。
早速ですが、新しくレースを掛け替えた寝室をご覧ください!
オーダーメイドカーテン1
オーダーメイドカーテン2

金色のツル柄の刺繍で裾もデザインされているレース生地になります。
流線模様を横断するように、横に柄が広がる感じもアクセントになっていてよりエレガントな雰囲気に♪
金色のツル柄の刺繍で裾もデザイン

裾部分はこんな感じ。
裾部分はこんな感じ

スッキリとした柄ですが、存在感をより引き立てるようなデザイン。
たまには気分転換に柄もののレースを選んでみるのもいいかもしれませんね(^_^)


スタイリッシュな空間に

川中島店下条です。
今回は、千曲市にご新築なさったお宅をコーディネートさせていただきました。
全体的に白を基調とした、開放感あるリビング。
カーテンも選択肢にございましたが、スタイリッシュなイメージがピッタリな空間でしたので、バーチカルブラインドをご提案させていただきました。
お客様のご希望で主張しすぎない、品のあるグレーをセレクトしていただきました。スリットの生地は一級遮光で光漏れを防止。上質な光沢、高級感もございます。

表面に特殊なコーティングが施されているため汚れたら水拭き可能な、機能性にも優れた生地になります。太陽の調光も自在にコントロールすることができ、スラットの調整で空気の流れを取り込み易くできるバーチカルブラインド。


外観から見た、外壁とのカラーバランスもメリハリがあり相性バッチリです。

セレクト段階で外からのイメージも意識するとより良いコーディネートができます。


人気の「調光ロールスクリーン」

川中島店 飯田です。
本日は最近人気の「調光ロールスクリーン」のご紹介です。
まず、一般的に「ロールスクリーン」と呼ばれるものは、このような一枚の生地を巻き上げるタイプを指します。

一枚の生地を上に巻き上げるので、カーテンとは違い生地の溜まりが少なく、見た目の印象がスッキリとします^_^
ただ、シングルロールスクリーンは生地が一枚なため、調光の部分に関しては少し難しい点があることも。(布を巻き上げて光を採り入れたいが部屋の中が丸見えになることは避けたい、、etc)
そんなときは「調光ロールスクリーン」がおすすめです!
まず、光をシャットアウトしたい場合は、

生地を閉じた状態に。
そこから、適度に光を採り入れたい場合は、

チェーンを下に引っ張ると、シースルーの部分が現れます。
この状態だと、光を採り入れつつ、適度な目隠しもできます。

お客様からのお問い合わせも多く、人気な「調光ロールスクリーン」
上記写真のサイズは、巾900×丈1400 ¥51,600+税です^_^
カラーバリエーションも豊富です!
詳しくは川中島店まてお問い合わせください🎵


カッコイイ北欧テイスト

新年第1号のブログ、川中島店下条です。
本年も引き続きよろしくお願いいたします。

今回は、メインのリビングをコーディネートさせていただきました。 イメージが漠然としていてお任せで提案してくださいとのご要望でしたので、トレンド性の高いチョッピリ奇抜な北欧テイストのカーテンをオススメさせていただきました。

窓が一間半と幅が広目の窓なのでインパクト大ですし、幾何学デザインがカッコイイ空間を演出してくれます。 家具、雑貨、ジュータン等をカーテンで展開されているカラーと合わせていただくとより素敵な空間が生まれます。


大きな展示窓のカーテンを変えてみました

川中島店飯田です。
川中島店2階のカーテンサンプル展示スペースにある、大きな展示窓のカーテンを変えてみましたので、みなさまにご紹介です\( ˆoˆ )/

いかがでしょう??
新しく仕入れたウィリアムモリスの柄です。
織が素晴らしく、本当に絵のようなカーテンですね!
展示スペースの雰囲気もガラっと変わり、とっても気に入っています\( ˆoˆ )/
そしてカーテンのドレープラインが綺麗に見えるのにもちょっとした理由が…

赤丸の箇所をご覧いただくと、ヒダが3つありますよね?^ ^
これを「2倍ヒダ縫製」と呼ぶのですが、やはりこの2倍ヒダ縫製にしていただくと、ドレープのラインが深く、よりカーテンを美しくみせてくれます。
こちらの生地につきまして何かご質問等ございましたらお気軽に川中島店までお問い合わせください\( ˆoˆ )/
2階のカーテンサンプルも新しいものがたくさん入荷しております♪
是非足をお運びくださいませ!


レースカーテンで間仕切り

川中島店下条です。
大掃除を機に部屋をスッキリキレイにしたいとのご要望。

今回は収納ケースや勉強机をレースカーテンで目隠しさせていただきました。
ドレープだと重みがあるし…
少し透けるくらいで、フェミニンな印象が…
等、イメージのお客様。

まず、天井が特殊でランダムに変型している構造でしたので、吊り棒付きレールをオススメしました。
吊り棒は伸縮自在で長さの微調整、角度も変えられるタイプですので、こういったケースでは大活躍です。

レールはTOSOのニューリブというレールを使用しました。(一般的には施設や店舗の間仕切り等でも使用します。)

レースカーテンは柔らかさ、ふんわりさが感じられる刺繍レースを納めさせていただきました。



「お客様からはお部屋がスッキリになり素敵な空間になりました」
と、お褒めの言葉も頂戴しました。


北欧テイストの子供部屋、寝室

川中島店下条です。
お子様のお部屋をエンジでコーディネートご希望のお客様。

お子様が大きくなっても飽きのこないイメージで、サークルデザインをセレクトしていただきました。
北欧モダンで、白を基調としているので空間も広く演出できます。
遮光2級なので、お子様の生活リズムの安定も考慮しております。

寝室は、落ち着いた空間で、変化を加えたいとのご希望でしたので、流線柄をご提案させていただきました。
壺のようなデザインがオシャレで、和のテイストも感じられる色遣いなので、安らぎの効果も期待できます。


ドアの代わりにロールスクリーン

川中島店下条です。
今回は、ダイニングの納戸部分に間仕切りとしてロールスクリーンを納めました。

写真で見ていただくとわかりますが、
左側に廊下へ続くドアがあり、右側は壁が迫っています。
こんな時、スペースを保ちつつ、目隠しにもってこいの商品がロールスクリーンなんです。

上部に、生地を収納できることや用途で高さを使い分けたり、空間を広く使用できたりするところが重宝できるポイントです。
操作方法は、お客様の使い勝手を考慮し、プルハンドルで上げ下げも簡単に仕上げました。
小さな事ですが、これもオーダーでしかできない重要なポイントです。


遮光ロールスクリーン

川中島店下条です。
今回は、リノベーションされたリビングにロールスクリーンを納めました。

カッコ良く、飽きのこない空間がテーマのお客様。
当初オフホワイトの生地をご希望でしたが、クロスと馴染みすぎてしまうため、少し差を付けて、カジュアルなグレーの生地を選んでいただきました。
また、朝陽があたる東側の窓でしたので、光を抑えつつ、暗くなりすぎない遮光3級のタイプでオススメしました。

操作方法は、中心の紐で操作できるプルコード式になっております。
少し引くと自動で上昇できる、昔からありますが画期的な操作方法です。


キッチンもオシャレに

ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「キッチンもオシャレに」についてご紹介いたします。

キッチンの小窓の小窓には、カフェカーテン・ブラインド・ロールスクリーンなどが一般的に重宝されていますが、たとえキッチンの小窓でもこだわった生地でコーディネートをしてみると・・・・・・

こんな風にガラリと雰囲気が変わります!
マリメッコの生地をカーテンやタペストリー以外の方法で活用!!
生地の上部を筒縫いに仕上げ、カフェカーテンにもよく使用する突っ張り棒に通すことにより、壁などに穴をあけず、簡単に取り外しも可能。
逆にチョット「こういう方法もオシャレで便利だなぁ」と勉強になっちゃいました(笑)
こんな素敵なキッチンでだと、お料理を作るのがさらに楽しくなっちゃいますね(*‘ω‘ *)


新しいブラインドのご紹介

川中島店 飯田です。
本日はタチカワブラインド製の新しいブラインドのご紹介です(^○^)

「パーフェクトシルキー」

(店内展示サンプルの写真で見づらい点がございますがご了承ください。)

この「パーフェクトシルキー」と呼ばれるブラインドはワンタッチ操作でゆっくりと下降する機能が搭載されています。
昇降カードから手を離しても製品は減速降下し、ゆっくりと自動で降ります。

ブラインドがゆっくりと下降することの利点としましては、
・窓枠や床面との接触音を軽減
・ゆっくりと降りるのでスラット(羽根)やコード類への負担を軽減
・製品下降時の誤操作による製品への負担を軽減
等がございます。

さらには、遮蔽性にも優れている点もポイント❗️(*^^*)
一般のブラインドは、
このように昇降コードを通す穴が空いていますが、

「パーフェクトシルキー」は

昇降コードを通す穴が無い作りになっているので、光漏れを防止し、意匠性にも優れています!

さらには、
スラットと呼ばれる羽根部分が完全に重なり合うことで、光と熱をしっかりと遮り、省エネ効果も期待できます。

「ブラインドは遮光性に欠ける」とお悩みのお客様にこそ、ぜひご使用いただきたい商品です(^○^) カラーバリエーションも豊富です♪

タチカワブラインド製「パーフェクトシルキー」
川中島店2Fに展示サンプルございますので、ぜひご覧くださいませ。


明るく暖かく

ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「明るく暖かく」についてご紹介させていただきます。
最近、少しずつ寒くなってきましたね・・・
かと言っても、お昼頃は日差しが暑かったりして・・・
そんな時は、熱を遮りつつ明かりを取り入れるのはいかがでしょうか?

生地に綿も使われているので、透け感がとても優しい雰囲気になります^^
近くで見ると・・・・

こんな感じです。
綿ならではの透け感もさることながら、流線形のつるの柄がより優しい雰囲気にさせてくれますね(*´ω`*)
そして閉じてみると

壁紙や床・家具といったお部屋の空間ともピッタリ!
そしてウッドレールのおかげで、ナチュラルな雰囲気もさらにUP!!

お客様からは「この生地を選んで本当に良かった!」と、とても気に入ってくださいました(*^^)v


マリメッコ生地の暖簾

川中島店下条です。
今回は、廊下からキッチンへと繋がる間口に、マリメッコ生地の暖簾を施工させていただきました。

マリメッコでは上位をキープしている根強い人気のデザイン、「ボットナ」。
こういった間口では頻繁な出入りをしますので、暖簾を利用されている方はよく目にします。
デザインも暖簾というだけありまして和調の生地が多い傾向にあります。
オーダーで暖簾も作れるんです。サイズ、スリット、お好みの生地でお作りします!
今回のボットナはワンポイントで存在感抜群なのでイメチェンもできますし、北欧好きな方にオススメです。


縁側のカーテンをコーディネート
川中島店下条です。
縁側のカーテンをコーディネートさせていただきました。
今回は、落ち着きのある、重厚で上質な空間がテーマ。
風情あふれる縁側は、年数を重ねる毎に床や梁などに深い味を出してゆき、その表情を楽しむことができます。同時に縁側は存分にくつろげる、安らぎのある場所でもあります。
そんな空間に寄り添うようにコーディネートできるカーテンが今回ご提案させていただいた生地ウィローボウです。
ウィリアムモリスの定番柄で、川島織物がライセンスを受け、手がけている生地です。本場の綿プリントの生地は、もちろん素敵ですが、織りになる事で、柳が立体的に見えるこの生地だからこその良さや思い入れが、バランス良く上品に展開されています。
レースは麻調の生地に、可愛らしさが溢れるお花の刺繍がデザインされている生地をご用意いたしました。


バルーンシェード
川中島店下条です。
今回は、千曲市の美容室をコーディネートさせていただきました。
吹き抜けの高い窓。女性的で、美しさが溢れでるような空間をイメージされているオーナー様。
優雅で美しいバルーンシェードをご提案いたしました。

生地は、トルコチュールレースで 柔らかく、上品な透け感が特長。
ギャザーをよせて、ふんわりと仕上げることでよりフェミニンな印象を与えてくれます。


切り返しプレーンシェード
川中島店下条です。
切り返しプレーンシェードのご紹介です。

異なる生地を組み合わせてコーディネートする、切り返し。
画像では分かりにくいですが、中央部分はホワイト、ベージュの地模様。サイドにはグレーのシャンタン無地を使用しました。
光を通すことで、グレーの色合いが変わり淡いグリーンにも見え、チェアの座面との相性もバッチリです。
家具や建具ともバランスよく、スマートな空間を演出します。


マンションのリビングをコーディネート
川中島店下条です。
今回は、マンションのリビングをコーディネートさせていただきました。
ドレープは2級遮光の生地で、レースは紫外線カットのミラーレース。
蝶々が🦋デザインされているドレープは若い世代の方に人気のある生地です。
スクエアデザインのレースは、インパクト大で存在感抜群です。
異なるデザインの融合で、より空間も楽しくなりますね。


公民館の緞帳カーテン
川中島店下条です。
今回は公民館の緞帳カーテンを納めさせていただきました。
8メートル近くある、ワイドが長いカーテン。
地域の皆さんが集う特別な場所。淡いグリーンの防炎生地を使用し、優しい空間にコーディネートしました。
コストは抑えめ、ヒダ1.5倍、2つ山縫製です。


調光ロールスクリーンのご紹介
川中島店下条です。
ブラインド機能そなえられている、調光ロールスクリーンのご紹介です。
プライバシーを守りつつ、換気機能も果たせるところがポイントです。


和室にプリーツスクリーンを設置

川中島店下条です。
今回は和室にプリーツスクリーンを設置させていただきました。

プリーツスクリーンは、今や和室では欠かせないウィンドートリートメントです。
和の雰囲気を存分に味わえる空間。
円形の窓から移ろう木漏れ日も、風情があり心を和やかにしてくれます。
ここで、お庭を眺めながらの一杯。最高です。


千曲市の介護施設にカーテンを設置

川中島店下条です。
ベッド周りを仕切りたいとのご要望でしたのでTOSOのニューデラックレールをカーブさせて天井に施工し、カーテンを掛けました。
ニューデラックレールは、非常に丈夫な作りで機能性、耐久性に優れています。
カーテンは、消臭抗菌機能、防炎加工等が施されている施設向けの生地になります。

今回は光漏れ防止等のため、通常縫製のカーテンをおさめましたが、用途により上から30センチ~60センチにネットを縫い付ける場合もあります。
ネットをつけた場合の利点としましては、
スプリンクラー作動時、有効に機能を果たすことができ、エアコン等の空気の流れを間仕切りした状態でも快適に循環させることができます。


それぞれの雰囲気その2

こんにちは、ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは前回に引き続き「それぞれの雰囲気その2」についてご紹介いたします。前回の記事が3月9日と、だいぶ遅れての続編になります(^^;)アセアセ…
たしか、前の記事で「寝室」と「子供部屋」の紹介をする約束でしたので、早速ですが本題に入ります。
まずは「寝室」から。
写真1をご覧ください。

寝室は、植物と鳥の柄がはいった落ち着いたブラウンの生地に。
床やクローゼットの扉の色とも馴染んでいてバランスの取れた空間に。
そしてなんといっても・・・・
写真2をご覧ください。

このシェードが絵画を飾っているような、いいアクセントになるんですよ!壁紙の変化のジャマをしないように、それでも存在感はしっかりと。柄の生地+シェードならではの特徴ですね^^
ではお次に「子供部屋」。
写真3をご覧ください。

こちらは男の子のお部屋。薄いグリーン色の壁紙に合わせた生地をお選びいただきました。撮影者(私)がヘタなので全体的にちょっと見えにくいですね・・・汗
癒しの効果があるグリーンに、やわらかいタッチの花柄によって、よりやさしい雰囲気に。これなら活発な男の子でもお部屋に入った途端に静かになっちゃうかも・・・・?
こんどは女の子のお部屋。
写真4をご覧ください。

実は、この生地の中にとあるキャラクターが隠れています。
それは・・・・・
写真5をご覧ください。

「魔女の宅急便」に登場する黒ネコのジジ!
キャラクターものの柄のカーテンだと、どうしても子供っぽくなりすぎる場合があったりしますが、この生地はキャラクターとひし形柄の組み合わせで子供っぽいイメージを少なくし、落ち着いたピンク色があることによって子供部屋という雰囲気を残しながらもほんの少し大人っぽい空間にも感じられます。
さて、これで全てのご紹介が終りまして余談といきたいところではありますが、
そこそこ長い記事になってしまったので余談などはまた次回にしましょう・・・・。
それではまた♪


洋室をコーディネート

川中島店下条です。
今回は、華やかな空間がテーマ。
モダンな花柄、北欧風な花柄、様々なテイストの生地をご提案させていただきました。

その中で、お客様のイメージと空間にマッチングしたのが、イギリスのサンダーソン生地。
一日中眺めていたくなるような、イングリッシュガーデンデザイン。
薔薇の花が華やかでアクセントになり、葉の生き生きとした配色のバランスは、癒しの空間を演出します。
生地は、綿麻混なので風合いも豊かで、美しくキメ細やかにプリントしてあります。
壁の天然木との相性も抜群なコーディネートでした。


バーチカルブラインドのご紹介

川中島店下条です。
今回はハウスメーカー様のショールームを施工させていただきました。

総長10m近くの開放感あふれる窓。
こういった窓にもってこいなのが、バーチカルブラインド。
今回、こだわり抜いた箇所は隣り合わせの窓との間にある1m近くの壁面をギリギリまで覆ったところです。こうする事で、全開時に間口を広く見せることができ、よりスタイリッシュな空間を演出できます。
ウィンドートリートメントは、スタイルやデザインに重視しがちですが、サイジングや納めた時のイメージも重要なポイントとなります。


それぞれの雰囲気その1

ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「それぞれの雰囲気その1」です。
ご新築をされるお客様のお部屋を見てみると「壁紙の柄や色を部屋ごとに部分的・全体的に変える」という現場をよく見るようになりました(もっと前から増えているかもですが・・・・)
本日はそんな思い入れのある壁紙の雰囲気と調和しながらも、壁紙のアクセントとカーテンがお互いにケンカをしないおうちのご紹介!
まずはじめに「リビング」から。

リビングは流線模様の描かれた生地をお選びになりました。
よく見ると、流線の模様が立体的になっており、角度によってまた違った見え方になるのと同時にいくつかの青色が生地に混じっているので、飽きのこないオシャレな空間に。
小窓のシェードは、大きい窓に合わせてカーテンでもいいのですが、シェードにして分けることによって窓周りをスッキリさせながらもオシャレ度UP!
そしてキッチンの黄緑系の壁紙ともピッタリ!(撮影忘れちゃいました・・・汗)
ちなみに、この生地は遮光生地の中でもとくに高いものですが、リビングは一番こだわりたいということでこちらの生地に決定いたしました。

お次に「和室」。

こちらでは、襖と畳の色味・和の雰囲気に合わせた生地に。
実際にカーテンを取り付けると、さらに一体感のあるお部屋にランクUP!!
遮光の生地なので、保温性や日差しによる畳の日焼け防止の効果も。
ほとんどのお部屋のカーテンにはヒダを綺麗に見せるための加工をしているので、カーテンを開いているときはヒダをより一層美しく見せ、閉じているときには収まりがスッキリと。
オーダーカーテンならでは!です^^
と、これ以上話をしてしまうとだいぶ長くなってしまうので今回はこれにてお開き。次回は「寝室」と「子供部屋」のご紹介します^^
それではまた。


切返し付きカーテンのご紹介

川中島店下条です。
本日は、リビングのお部屋をコーディネートさせていただきました。
近年、アパレル関係でも切返しのデザインは流行していてよく目にしますね(^^)
異なる生地のコラボレーション。実はカーテンも切返しがトレンドなんです。
オーダーでしかできない組み合わせ。
今回はメインになる薔薇の色の無地を抜き取り、裾から20㎝縫製してコーディネートいたしました。


薔薇のカーテンにアクセントを加えることで豪華になり、デザインをより引き立たせる印象を与えてくれます。切返しはサイドや上部にコーディネートするのもオススメです。無地同士のコラボでカラーバランスを楽しんだり、大きな柄にメリハリや締まりを加えてみたり、 楽しみ方は様々です。

是非、この機会にカーテンの切返し。チャレンジしてみませんか?
世界に1つだけのカーテンがきっとできますよ(^^)!


お子様の2部屋をコーディネート

川中島店下条です。
それぞれのお部屋東側に無地の異なった配色のアクセントクロスがデザインされていまして、今回は、壁紙とのバランスを意識してセレクトいただきました。

そこで丁度よくマッチングしたのがこのアニマル柄、配色もバッチリでした。
大人っぽいサファリのデザインが集中力を高め、飽きの来ない空間を演出しています。
アクセントクロスの窓には、ピュアホワイトのロールスクリーンを施工しました。ここでのロールスクリーンの色選びはキーポイントになります。

この様な組み合わせをする事で、お洒落さもありながら、統一感も生まれます。


タテ型ブラインド+ロールスクリーン

川中島店下条です。
タテ型ブラインド+ロールスクリーンのご紹介です。

今回は、ご新築のリビングをコーディネートさせていただきました。
シンプルスタイリッシュがテーマのお客様。

掃き出しのタテ型ブラインドは、天井際から付けることで、よりスタイリッシュでカッコよく見えます。
腰窓は、タテ型と同じ生地でロールスクリーンをコーディネート。ホワイトを基調とした、空間を広く見せるコーディネートです。


バランス付きカーテンのご紹介

川中島店下条です。
今回は、リビング3.64Mの窓をコーディネートさせていただきました。

深いグリーン、さり気ないデザインがテーマのお客様。
ウィリアムモリスデザイン、織りカーテンをご提案しました。地厚なので、デザインもさることながら重厚感も楽しめる生地です。柄には凹凸があり、照明の当たり具合で様々な表情を見せてくれます。

上部にスワッグバランス(上飾り)をTOSOのバランスレールで施工し、ちょっとしたメリハリを付けるためにスワッグに濃いグリーンのバイヤーステープを縫製しました。こうすることで、バランスのアピールをしつつ、アクセントを加えることができます。
バランスの種類も豊富にありスタイルで全く違った印象の空間を演出することができますので、是非お試しください。


レースカーテン新作入荷です!

ミヤサカ川中島店 飯田です。
川中島店の2Fではサンプルカーテン生地の展示をしておりますが、レースのカーテンに新作が入荷しましたのでご紹介します!(*^^*)
こちらです♬

これは展示窓が腰窓サイズなので丈が短いですが、もちろん通常の掃き出し窓サイズもオーダー可能です♬

シンプルな中に、裾の一部分だけに繊細かつ美しい刺繍が施されていることで目を引きます。
レースカーテンはドレープカーテンよりも実は目にする機会が多いですよね(^^)
昼間はレースカーテンのみを引いているご家庭が多いと思いますので、
こんな刺繍のあるレースカーテンはいかがでしょうか?♬


ダブルプリーツスクリーンのご紹介

川中島店下条です。
和室といえば、最近よく出番があるプリーツスクリーン。
障子の張り替えが苦手、障子を開けたときに外からの視線が気になる、視界を防ぎながら、換気をしたい、等‥お困りの方にオススメです。

上部にシースルー生地があることで、外の様子も見えながらプライバシーを確保できるレースカーテンの役割。途中まで下げて、下から換気、空気の入れ換えをすることが可能です。素材はポリエステルなので、滅多なことがない限り破れる心配もありません。メンテナンスは頃合いを見て、ハタキや掃除機でお手入れしていただけると綺麗に保てます。
夜、電気を灯した時に外からみたプリーツスクリーンも風情があり、美しいトリートメントですよ。


リビングをコーディネート

おはようございます、川中島店下条です。
今回はリビングをコーディネートさせていただきました。
モノトーンならではな空間をイメージされていたお客様。
ダイナミックなデザインが特徴の「ディンキー」クウォーターリポート社をご提案させていただきました。一見、可愛らしいデザインに見えますが、この配色ならではのカッコよさも兼ね備えております。
レースはドレープを意識してスパンボイル地に流線がデザインされている生地をセレクトしました。大事な空間だからこそ、思い切ったデザインで冒険しましょう!


マナトレーディング社の「トレジャーマップ」

川中島店下条です。
お子様のお部屋をコーディネートさせていただきました。
スカイブルーのアクセントクロスが爽やかな空間。明るめで主張の強いデザインがお好みのお客様。今回は、マナトレーディング社の「トレジャーマップ」をセレクトされました。
宝のありかを印す地図。
見ているだけでワクワクしてくる、お子様の心を掴むデザインですね。
レトロなカラープリントもクロスとの相性バッチリです。
シェードにすることで、絵画の様な感覚で楽しめるコーディネートができ、柄そのものも存分に活かせます。
成長の過程で勉強机やベッドが必要になられた時、シェードはスペースを有効に使用することができます。


ウィリアムモリスデザイン「コンプトン」コーディネート

川中島店下条です。
ウィリアムモリスデザイン「コンプトン」コーディネートのご紹介です。
リフォームを機会にカーテンもご検討との事で、お邪魔させていただきました。
お客様は以前からモリスのデザインがお好きで、今回のテーマは落ち着いた空間。
バックの濃い緑に、赤い花と白い花のコントラストが抜群に描かれているデザインで、1896年にモリスが手掛けた最後の作品とされています。掃き出し窓はカーテンで、カウンターテーブルのある腰窓は2台に分けてシェードを施工しました。このデザインならではのカーテン+シェードのバランスの良さを感じますね~。


出窓をコーディネート

川中島店下条です。
今回は、お嬢様のお部屋の出窓をコーディネートさせていただきました。
爽やかな春のイメージをご希望のお客様。
アクセントクロスでスカイブルーの壁紙をお使いでしたので、相性の良い、アップルグリーンのカーテンをおすすめしました。
ドレープ用のカーテンレールは床や建具に合わせて、ナチュラルカラーをセレクト。
レースカーテンは、トルコ刺繍生地。
レールはTosoのセルフィを使い出窓に合わせてカーブさせて施工しました。
こうすることで、出窓のスペースを有効にとりつつ、素敵なコーディネートを演出することができます。


レースを主役に🎀

川中島店下条です。
今回はお嬢様のお部屋をコーディネートさせていただきました。

少しずつトレンドになりつつある、部屋内レースバージョン。
無地の鮮やかなピンクドレープはバックに、手前に薔薇の刺繍をあしらったレースをセレクトしていただきました。ここでのポイントは、ドレープは無地調の生地を選び、レースは刺繍やオパールプリント柄のシースルーで、ドレープをやさしく包み込む様なイメージでセレクトすることをオススメします。
サイドにゆったり結わえることで、ドレッシーでエレガントな空間を演出することができます。オーダーならではのコーディネートです。


ウッドブラインド+バランスの施工例

ミヤサカ川中島店下条です。
ウッドブラインド+バランスの施工例です。
今回はリビング掃き出し窓にウッドブラインドを施工いたしました。
オプションで、上部にウッドブラインドと同色の上飾り(バランス)を付けて
より高級感あふれる空間を演出しました。バランスは別のカラーでもお作りできますので、雰囲気やシーンに応じてコーディネートがお楽しみいただけます。


雰囲気に合わせて

ミヤサカの後藤です!
きょうのテーマは「雰囲気に合わせて」について紹介させていただきます。
今回撮影させていただいたおうちは、ご新築のおうちになります。
まずは「リビング」から。

リビングにはモノクロな家具を置くというご要望から、こちらの生地が選ばれました。所々に薄いグリーンの柄のアクセントと白の余白部分が多くあることによって、雰囲気が重くなりすぎず、やわらかくもすっきりとした空間に(^^)
お次に「和室」。

和室は、壁紙の色に合ったもので落ち着いた生地に。
柄がタテにのびているので、天井を高く見せる効果も・・・!!
そしてカーテンレールは、窓枠の色に合わせたものになっております。
最後に「寝室」。

寝室は北欧チックな柄の生地になりました。
大きな花柄の生地ですが、それぞれ形が異なっているものが並んでいるため、圧迫感が少なく、飽きのこないオシャレな寝室に!
雰囲気に合わせて生地を選ぶことによって、より一層調和のとれたお部屋つくりができますね♪


マリメッコカーテンのご紹介

川中島店下条です。
木の温もりを感じるログハウス風なお宅、北欧テイストがお好みのお客様。

今回は主に、スウェーデンやフィンランドの生地でご提案させていただいた中で、ピエニウニッコをセレクトしていただきました。綿プリントのブルーが鮮やかでダイナミックにデザインされています。
最近では、TVやSNSでも人気が広まっていますね。シェードにしても、その存在感は抜群で、天然木との相性もバッチリです。思い切ってお部屋にアクセントや差し色を加える事でインテリアの美しさや楽しさを実感しますね~。


タチカワブラインドのデュオレロールスクリーン

ミヤサカ川中島店下条です。
今回は、新築事務所をコーディネートさせていただきました。
ロールスクリーンご希望のオーナー様。
タチカワブラインドのデュオレロールスクリーンをご提案させていただきました。
繊細な朝のひかり、明るい午後の陽射し、外からの視線を遮りたい夜。
窓辺に移ろう陽光を自在に採り入れながら、部屋のシーンに合わせて光の表情を楽しむロールスクリーン「デュオレ」。
見た目もスタイリッシュで、ブラインド機能もあり、一石二鳥のトリートメントです。
インテリアをさらに個性あふれる空間へと演出します。お値段は通常のロールスクリーンに比べ、2倍近くアップしますが、長い目で見ていただくとトレンド性も高く機能性に優れていますので大変オススメです。


フリルで豪華に演出

ミヤサカ川中島店の飯田です。
本日はこだわりのフリルで仕立てたレースカーテンのご紹介です(^^)
今回は、薔薇柄の綺麗な生地で作られたお客様のお気に入りのカーテンに合わせたレースを選びたいとのご依頼でした。
「華やかな印象にしたい」とのご希望でしたので、まずレース生地を選んでいただき、同じ生地でフリルを施すご提案いたしました。
大きな薔薇柄のカーテンに負けないよう、レース生地も大きな花柄が入ったものをご紹介。そしてフリルを施すとやはり豪華な仕上がりになりますので、一気に華やいだ印象になります。
できあがりがこちらです。

フリルの幅はご希望で指定もできます(^^)
大きく生地幅を取るとより豪華に。逆に小さく幅を取ると可愛らしい印象に。今回は豪華に大きく幅をとりました!

合計で3軒取付させていただきましたが、素敵なカーテンと合わせて本当に豪華な仕上がりになりました(^O^)
フリルを施すレースカーテン、とってもおすすめです♬


サンルームに設置させていただいたカーテンのご紹介

ミヤサカ川中島店下条です。
今回はサンルームに設置させていただいたカーテンのご紹介です。
夏の暑い時期に備え、カーテンでサンルームの暑さや紫外線を抑えたいとのご希望のお客様。
冬は天気がよいと暖かい空間が心地良いサンルーム。一方、夏のサンルームは全くの別世界で温度が急激に上昇します。そのため、夏の暑さにお悩みの方は多い傾向にあります。
私はこれまでの経験上、サンルームの天窓にはロールスクリーンやシェードをお勧めすることが多かったのでカーテンという選択には至りませんでした。が、今回予算を抑えるためや機能性を重視した上で紫外線カット遮熱カーテンをご提案しました。
お客様からの知恵もいただきながら、レースの上下を約5センチ筒縫いにし、物干しの金具を避けるためにスリットを所々いれてみました。手前と奥で突っ張るときにヒダが綺麗に出るように約1.5倍の生地の余裕もみてあります。
レールは画像では見にくいですがTOSOのアイアンポールを使用し、手前と奥で突っ張れる様に金具を取り付け、施工いたしました。お客様からは、日差しの遮りはもちろん、カフェみたいな雰囲気で嬉しい。とお喜びのお言葉も頂戴しました。今後のご提案にも活かしていけたらと思います。


縁側の窓に綺麗なドレープ

川中島店の飯田です。
今回は縁側の窓に設置したカーテンのご紹介です。

レース、カーテンを設置しました。
大きな窓でしたのでその良さを存分に活かし、ドレープがより美しく見えるよう2倍ヒダで仕上げ、更には形状記憶加工を施してあります。どこから見ても美しいドレープに仕上がりました(^^)

縁側から差し込む柔らかな光で、レースの刺繍がうっすらと見える様子もとても素敵です。
今回はレールの取り付けました。

ミヤサカではレールの取り付けも承っておりますのでぜひご相談ください。


オシャレな寝室

ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「オシャレな寝室」についてご紹介します。

寝室にオシャレで飽きのこない生地を。
こちらのお客様は、「シンプルな柄の生地、モノクロカラーで植物柄の布団カバーに合うカーテン」というご要望から生地をお持ちし、この生地が選ばれました。
全体的に柄がきていますが、ペンで描いたような植物柄で柔らかい雰囲気になり、壁の色とも調和がとれているので圧迫感のない空間に。カーテンレールが上からきているので、より柄を活かせてオシャレさもさらにUP!
手描き調の生地は、飽きがきにくいと同時に、幾何学模様にくらべて「柔らかい」や「やさしい」というイメージがしやすいというのも特徴のひとつです。例を挙げるなら、「マリメッコ」の生地は色々な大きさや柄がありますが、どれも「柔らかい」「やさしい」という雰囲気がありますね。
こんな風に、いろいろなイメージを思い浮かべながらカーテンを選ぶと、また違った視点からお部屋を見ることができて、より一層オシャレなコーディネートができそうですね♪


レースカーテン➕トリムのご紹介

川中島店下条です。
今回はリビング出窓、掃き出し窓のレースカーテンを新しくさせていただきました。
裾だけにデザインが欲しい…。
全体的に装飾はいらないからアクセントが欲しい…。
という方にオススメです。
1枚目の写真は出窓で、15センチ幅のトリムを付け、

2枚目は掃き出し窓なので30センチ幅の少し大きめのトリムを付けました。

こうすることで、窓辺をリズミカルな雰囲気に演出することができます。
また、上部のヒダをギャザー加工することによってワンランク上の仕上がりになります。トリムのデザイン、サイズは様々ですのでイメージやシーンに応じて使い分けると楽しさ倍増です。


レースのシングルプレーンシェード
ミヤサカ川中島店下条です。

レースのシングルプレーンシェードのご紹介です。
リビングの掃き出し窓、窓枠内側にハニカムスクリーンをご使用されているお客様。
日中の光や、視界調整のため、レースのシェードを部屋内側に設置させていただきました。蔓のようなデザインが上品な空間を演出します。


階段の吹き抜け窓にロールスクリーンを設置

ミヤサカ川中島店下条です。
今回は、階段の吹き抜け窓にロールスクリーンを設置しました。
下から4mの位置にある北側の窓、光も充分に取り入れることができ、外からの視線を防ぎながら、オシャレにされたいとのご希望のお客様。
とっておきのNew商品、オパールシアーロールスクリーンをご提案させていただきました。

生地はオーガンジーの様な風合いで花びらが散りばめられているデザインには
オパールプリント加工がされています。そのため、上品な光沢とドレッシーなオーガンジーのコントラストが明るく素敵な空間を作り上げてくれます。

夜、照明点灯時には、半透明のオーガンジーの部分から灯りが漏れることで、外観からのロールスクリーンも綺麗に見えるんです。


ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「明るい寝室」について紹介させていただきます。

寝室は睡眠をするための大切なお部屋。
なので、寝室には落ち着いた色や柄を選ぶ方が多いです。
ですが、もし寝室にも明るい生地を使ってみたら?・・・・
なかなか勇気がいるかもしれませんね(汗)

今回は寝室に明るい生地を使ったお客様のご紹介です!
早速、その寝室の写真をご覧ください。

ピンク・紫系の柄ですが、同じ色でも明度の違うことによって、飽きのこない空間に。余白の白色も程よくみえるので柄々しすぎないのも特徴。
窓の巾も長く、カーテンレールが上からきているので、見た目がさらにUP!

そしてレース生地も・・・
花柄です!
「柄に柄だとうるさくならないの・・・?」
と思いますが、「花柄」×「花柄」なので実は結構バランスのとれた組み合わせなのです。ドレープ生地に余白部分が多い分、レースに柄が多くても意外と気にならない。こういった部分がカーテン選びのおもしろいところです。

「寝室は落ち着いた色!」とこだわらずに、たまには気分転換に差し色で明るめの色を試してみては?

★★★★★
カーテン出張試着
スリープインテリア館ミヤサカでは、1000種類以上のカーテンをお持ちしてお客さまのご自宅に伺うサービスをおこなっています。ご納得いただけるまで掛け比べてください。お客さまのお部屋にぴったりの一品が必ず見つかります。
★★★★★


ミヤサカ川中島店下条です。
本日は、佐久市のお宅に施工いたしました、バルーンシェードのご紹介です。
私がいつもお世話になっているエステサロンを経営なさっているお客様。


アンティークな家具がお好きで、お部屋の中はレトロで味のある家具がディスプレイされております。ちなみに画像の中央の鏡付き家具は代官山でセレクトされたそうです。
今回は、トルコレースをご提案いたしました。
刺繍も豪華で、柔らかいボイルレースがアンティークな家具をより引き立ててくれています。


ミヤサカ川中島店下条です。
今回は、縁側の窓に遮熱カーテンを設置させていただきました。


遮熱カーテンだと、夏の強い日射しを遮り、室温の上昇を抑える効果があります。
秋~冬にかけては逆に積極的に光をとりいれたいと思う方も多いはずです。それなら、遮熱効果がアダとなってしまうのでは‥と感じますよね。
理屈で言えばその通りになります。普通のカーテンより日射しをとりいれることができません。

ただし、そこまで単純ではないのが遮熱カーテンです。
まず、秋から冬は夏に比べ、圧倒的に日射量が減ります。おおよそ、半分近くまで減ると言われています。また、日照時間も夏に比べ3分の2くらいまで減ります。

そんな貴重な日射しを遮るのもどうかと‥
という考えもうなずけますが、逆にそこまで少なくなった日射しに期待するのもあまりあてにならないのです。

部屋の温度を上昇させるには、暖房が大部分を占め、太陽の日差しはあまり助けになってくれません。室温維持を考えれば、目のつまっている遮熱カーテンを閉めておいた方が保温力もあり効果的です。


ミヤサカの後藤です!
今回のテーマは「ひっそりカワイイ」について紹介します。

さっそくですが問題です!

Q.この生地に隠れているキャラクターはいったいなんでしょう?
簡単な問題ですが、念のためヒント。
あの「世界的に有名なアニメ映画作品」に出てくる黒いキャラクターです。
これで大体の方がわかったところで答えです。
正解は・・・・・・・・

宮崎駿監督作品「となりのトトロ」に出てくる「クロスケ」!
レースの生地に所々描かれており、意外と気づかない方もいらっしゃいます。まさに「ひっそり」と暮らす「カワイイ」キャラクターですね^^
柄全体がキャラクターではないので、ほかの生地とも合わせやすい柄だとおもいます。
ジブリ好きにはうれしいレースですね♪


レースカーテンを主役に
おはようございます♪
ミヤサカ川中島店の飯田です。

先日、川中島店にカーテンを見に来てくださったT様のお話です^^
T様より間取りとお部屋のイメージを伺い、どんな生地が良いかご紹介しつつ一緒に生地を選んでいる際に「このレース生地をメインにカーテンを合わせることはできますか?」とT様。
1枚のレース生地をお気に召していただけたようです(^o^)

通常はレースが外側で、カーテンをその内側に設置することが一般的ですが、逆に設置することももちろん可能なんです♫
昼間だけでなく、夜間もしっかりとレースのカーテンが部屋の一部になるようカーテンが外側、レースがその内側にくるように施工しました!

レースのみだとこのような感じです(^^)
光が透けて刺繍が綺麗に写し出されていますね♫

外側のカーテンを閉めるとこんな感じです(^^)

外側のカーテンで光りをシャットアウトすることで、より一層レースのふんわりとした質感が強調されます♬お部屋も柔らかい印象に(^o^)
外側のカーテンもレースの存在を邪魔しない色味で合わせました。

素敵なT様の雰囲気そのものの仕上がりに本当に嬉しい1日でした!!
レースカーテンをメインにするのもとってもオシャレでオススメですよ(^^)


お早うございます。
ミヤサカ川中島店下条です。

経木ロールスクリーンのご紹介です。
今回は、和室縁側の窓に経木ロールスクリーンを施工しました。
天然木の重厚感が、落ち着きのある和室や伝統的なお部屋にピッタリ。
より風情のある空間を演出します。和室の窓まわりはもちろん、宿泊施設や料亭などの間仕切りや目隠しにも最適です。


お早うございます。川中島店下条です。
軽井沢の別荘にレースのプレーンシェードを設置しました。


下から4メートルの高さにある階段吹き抜け窓。
三段ロング脚立を使用し、施工しました。
太めのストライプがより一層、空間を広く感じさせてくれます。
レースを透して観た、軽井沢の景色も紅葉で色付いて素敵でした。


おはようございます! ミヤサカの後藤です!
今回は前回に引き続き「北欧チック2」について紹介させていただきます。
前回は北欧チックな生地で「リビングの生地と統一」・「落ち着いた雰囲気での組み合わせ」についてご紹介しました。
今日は、「北欧チック1」と同じおうちの「子供部屋」と「廊下」のご紹介です!

まずはじめは「子供部屋1」

水色の木の実の柄の生地になります。この生地はキッズ向けのような雰囲気ですが、実はそんなことはなく、リビングやキッチンなどに実際に掛けてみると想像しているよりもスッキリと馴染むんです!
実は子供さんよりも北欧が好きな大人の方が一番よろこんでいただいたりも・・・・。
これなら子供さんが大きくなったときに、オシャレにお部屋をアレンジするときでも安心ですね。
お次に「廊下」
廊下には明るく大きい花柄の生地を。

正面から見るとこんな感じ。 まさに『これぞ北欧!』と感じる柄の生地です(^_^ )♪

窓も大きいので、なお大きい柄が映えますね!
最後に「子供部屋2」

こちらは「子供部屋1」で使用した生地の色違い。 目がチカチカしそうですが、生地の白い部分が木の実の柄に対してバランスよく見えていますので柄々な生地でも騒がしすぎないんです。 紅白とも考えると、チョット縁起がいいかも (笑)

北欧なカーテンの良さ、伝わりましたか^^?

★★★★★ カーテン出張試着 スリープインテリア館ミヤサカでは、1000種類以上のカーテンをお持ちしてお客さまのご自宅に伺うサービスをおこなっています。ご納得いただけるまで掛け比べてください。お客さまのお部屋にぴったりの一品が必ず見つかります。 ★★★★★


お早うございます。
ミヤサカ川中島店下条です。

アコーディオンカーテンのご紹介です。
今回は、脱衣場と洗面所の間仕切りをするために施工しました。
画像を見ていただくと分かりますが、右側にスライド式の扉があるため、閉めた時に通常のマグネットを設置できず、ピシッと閉めることができません。

密閉度に優れているアコーディオンカーテンなのでこれはいけません。
少しアイデアをしぼり、上部タテ20㎝くらいに緩衝材を設置し、マグネットを付けてみました。こうする事で、上部だけですがマグネット力が強力ですので、固定することになんとか成功しました。


取付施工もセンスとアイデアを考慮しながら常に良い施工を心がけております。


お早うございます。
ミヤサカ川中島店下条です。

ロールスクリーンのご紹介です。
今回は、脱衣場に洗濯機の目隠しとしてロールスクリーンを設置しました。
生地は、マリメッコのウニッコを使用。生地自体を硬くする特殊な加工を施し、ロールアップし易いように加工されています。ロールスクリーンは、間仕切等には有効なトリートメントですので是非一度お試しください。


PAGE TOP